FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェリシモという、摩訶不思議な会社の、大名商売。~その③~

フェリシモという、摩訶不思議な通販会社で、ロングコートを買ったら、

ひと月待たせたあげくに、「お届けできません」と言われた話。
(是非、リンクから読んでね!)

フェリシモという、摩訶不思議な会社の、大名商売。~その①~
フェリシモという、摩訶不思議な会社の、大名商売。~その②~


メールを目にした途端、久しぶりに、腹の底から怒りが噴出したもずく。

ここまで、わたしに落ち度があったか?

NO.

早く送れとか、待ちたくないとか、駄々をこねたか?

NO.

時間がかかるから、キャンセルしますとか、言ったか?

NO.

なのに何故、ここまで完璧に待たせておいて、

諸般の事情により
商品のご準備ができず、お届けすることができませんでした。


とか言う??

本当に、本気で怒りが収まらないもずく。

メールを返信してやろうにも、

※このeメールに直接返信いただいてもお答えできません。

とか、なめとんか、わりゃ~~!!



文句があれば上記のアドレス宛にどうぞ表記があったので、そこから返信しようと思ったら(ちなみに、20年来のお付き合いで、いろいろ腹の立つことはあったけど、問い合わせのメール送信は初めて)

めっちゃわかりにくい!!!


顧客情報を全部打たせた上に、

問い合わせ内容によって10くらいの選択肢の中から

送信先を選択させる方式。

ぱっと見、自分の怒りの矛先がどこだか解りゃしない。

勢いに任せて、「その他のご相談」とやらを選択。

なんでもいいわ、私の怒りのメールを読んで返信しない輩のことは

ブログに書いてやる!!!

…何の脅しにもなってないのが悲しい。


自分が送信したメールは、どこにも残らない方式になっているらしく、こんなことなら手元にコピーして残しておけば良かったのだが、残念ながら本物はない。

だがとにかく、言いたいことをすべて書いたことには間違いない。

①正規の手順を踏んで、サイトから買い物をしたこと。
②「注文状況」から、ずっと注意深く荷物の行方を見張っていたこと。
③荷物が来ないことをうかがわせるメッセージが一切無かったこと。
④とても怒っていること。
⑤なんでこんなことになったのか、説明しろ。てめえの会社の企業理念はなんじゃい?
⑥メールの返信がまだるっこしいんなら遠慮無く電話かけてきやがれ。
⑦こっちは言いたいこと山ほどあるんじゃ。

この7点に絞って、あくまでも丁重に、(でも最後の方は結構怒ってしまった…)メールを送信。

問い合わせフォームには、

「メールの返信には時間がかかります」

と書いてあったので、フェリシモ大名様からの返信を気長に待つつもりでいたら

なんと電話かかってきたl!!

おう、珍しい!何をやらせても、しこたま時間がかかるのに、

この手のクレームには、そこそこ対応が早いではないか。


開口一番、向こうはにこやかに言った。

「このたびは、ご迷惑をおかけして、大変申し訳ございません。」

電話対応をしているのは、どうやらフェリシモコンシェルジュとかいう、よくわからない窓口のお姉さんである。

いや、コンシェルジュって言葉は知ってるよ?

知ってるけどさ、お客様クレームセンターで、良いじゃん。実態はそうなんだからさ。

…話は戻る。

つらつらと出てきた枕詞にいきなり怒りマックスのもずく。

「ちょっと待って。ご迷惑をかけられたことに怒ってるんじゃない。ご迷惑(この場合、商品を準備できなかったこと)は致し方なかったかもしれないけど、その後の顧客をないがしろにする対応に不快な思いをしていることに怒ってるんです。」

こちらの口調と論法に、ちょっと改まるコンシェルジュ。

次の一手がこれ。

「それでですね、このたびは、ご不快な思いをさせてしまったと言うことで、こちらでなんとか1点だけ、商品をご準備させて頂きましたので、それを送らせて頂くと言うことで…」


ちが~~~~う!!!

違う、違う、違う!!

それで済む話なんじゃない!!

こっちは怒ってるんだ。

きちんと手順を踏んで、

そっちが要求する方法で発注をかけ、

そっちが要求する分だけ待ち、

そっちが要求する方法で金を払った!

それなのに、まるでイタチの最後っ屁のように

発送確認メールで

「やっぱ、商品ない。すまん。」


と言える会社の企業理念を説明せいと言っとるんじゃ!!!!

こちらの質問に、はあ、はあ、というお姉さん。

次の一手はこれ。

「申し訳ありません、今回ご注文は、特便でございましたので…」


はあ!?

ちょっと待て。

特便というシステムは、

もずくが無理矢理頼んだシステムか!?

違・う・だ・ろ~~~~~~!?

自分たちが編み出したシステムの脆弱さを、コンシェルジュが口走るんじゃねえよ!!



…と言うことも散々言わせて頂きました。

クレームに慣れてないはずはない部署からお電話を頂戴したにもかかわらず、

お姉さんは(ここではお姉さんとかいているけど、正直、だいぶん年配の方)、企業理念を一度も説明されないまま、

「しょ、商品をご用意いたしました」


を、繰り返していらっしゃいました…

あきれてものが言えないとはこの事。

その商品も、きっと誰かの元に送られるはずだったモノが、こちらに回されてくることになっただけで…

どこかで誰かが、私の代わりに嫌な思いをさせられているだけってコトでしょうよ…



いろいろと、納得のいかない今回のフェリシモとのやりとり。

今後、この会社がどう成長していくつもりなのか

注意深く見守って行きたいと思います。

また大名商売したら、電話かけたるからな。

(商品は、ありがたく頂戴しました。定価で。)













スポンサーサイト
プロフィール

もずくねえさん

Author:もずくねえさん
地方の中学校で教師をしています。平生は決して表にさらすことのない、本音の熱い部分を、お届けします。(真面目バーション)

要するに、普段、柄でもない先生ヅラしているせいでたまりにたまってるストレスの解消のため、精神の安寧のため、ここに好きなこと書かせてください的な。(本音)

あ~、清少納言の気持ち、わかるわ~納言ちゃんもたまってたんだろうな~

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。