スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我々が保護者の我が儘を許す理由。

こんにちは。

ゴールデンウィークも後半に突入し、一日中、掃除に明け暮れたもずくです。

前回の記事で、家庭訪問日の決め方と、

そのルールをぐいぐい無視してくる保護者のことを書きました。

家庭訪問がやってくる!

このくらだん記事に対して、貴重なご意見をいただきましたので、

紹介させてください。

コメントの主様はmotomasaong様です。

現代謡曲集 能というブログを主宰していらっしゃる方です。


ないしろ骨太すぎて、世相に疎いもずくには

恥ずかしながら正座して読んでもよく分らないときがあります(^_^;)



ところで、

頂いたコメントはこちら。

「中学校の学区は広いので、
 各ご家庭に最短の待ち時間で家庭訪問するには、
 この順番になります。
 皆さん、ほとんどが共稼ぎですから、
 この方法しかありません。
 この時間帯にご自宅に「必ず」ご両親のどちらか、
 居てください。
 いらっしゃらない場合、
 お子さんの成績に影響いたします。
 どうしても都合の悪い場合だけご連絡を。
 ただし全ての方の御用通りは不可能です」

そう手紙かメールを送り付けてやったら?

少なくとも先生の都合上、
こうでなければならない、
そうあらかじめ伝えたらどうでしょう?

それで気に食わない奴だけ、
希望を飲んでやったら?

そうすれば少なくとも、
従順な親なら、
しぶしぶいうことを聞くでしょうし、
その従順な親からPTAの役員などを選出すれば、
楽だと思いますよ。




最後の方、明らかに、ちょっとイライラしちゃってる

motomasaong様のお言葉に、人間味を感じるとともに、

そうだそうだ~~!!

と、痛く同感します。

が、しかし。

われわれは、このご意見に共感はすれども

実行はいたしません。

その理由について、まあ、お気づきでしょうが、書かせてください。



motomasaong様のお気持ちは、とてもよく分ります。

そして、われわれも、motomasaong様のご意見が

ガチガチの正論であることを、痛いほどよく知っております。

しかし悲しいかな、われわれは、国民の犬、そう、公僕でございます。

公務員の至上命題は、「国民全体の奉仕者」でございます。

どのような無理難題にも、国民の皆様の御意志を尊重の上、

最大限にサービスする義務があるのです。


昨今の学校ユーザー様(つまりは保護者)の

「お客様は神様」感は、半端ありません。

学校ユーザーの皆様は、

われわれ教員の手落ちには殊更

手厳しくクレームを付けられます。

ちょっとした手落ちも…いや、手落ちならまだ良い、

トンチンカンな自分の思い違いや子供の都合の良い嘘にも

簡単に踊らされ、大胆にクレームを付けられます。

世の中には、いつの間にか、

「公務員(=教員)はクズ」

という方程式が成立し、

その方程式を振り回せば面白い記事やニュースが出来るとばかりに

事実以上に歪曲されて

責め立てられる構図がまかり通っているように思います。

教育委員会には、市民のクレーム対応課がありますが、

そこには連日、

学校にクレームを付けるだけでは飽き足らない学校ユーザー様方の

猛烈なクレームが入っているそうな。



クレーマーの脅し文句は一様に

「教育委員会に言いつけるぞ」


これです。

我々教員は、教育委員会が怖いと思ってると誤解してるんですね。

正直、全く怖くありません。

全くです。

だって、教育委員会に勤める人のほとんどは、もとは机を並べていた同僚ですから。

教委に言いつけられたって、クビにもならないしね(笑)

クレーマーが「教育委員会に言いつけるぞ」というと

心に思い浮かぶ言葉はただひとつ

「やった、楽になる~」



でもね、そう自分で言っておきながら本当に教委に言いつける人なんて、実はいませんから。

「教育委員会」ってネーミングにビビってるのは、

本当はクレーマーさんの場合がほとんどです。




そうはいっても、我々は公僕です。

とにかく、ユーザー様のご機嫌を損なうことは、自分のクビを絞めることになります。

こんな生きづらい世の中で、教員にとって一番大切なもの、

それは何だと思いますか?

むちゃくちゃなクレームにも、

無理矢理過ぎる家庭訪問日程の変更にも

平身低頭、誠心誠意付き合う理由。

それは、ずばり、地域の信頼のためです。

これがないと、はっきり言って、仕事出来ない。



「あの先生は、良くやってくれる」

「この間相談したこと(=クレーム)良く聞いてくれた」

「家庭訪問の日程の無理を聞いてくれた(←無理って解ってる)」

「子供のために必死で動いてくれた」


こういう話は、クレーマー様に限って

案外広めてくれるものでして。

そういう一つ一つのプラスの噂話が、

積み重なるうちに絶大なパワーになる。



この商売、

はっきり言って人気商売です。

どんなに実力(この場合、授業力)があっても、ユーザーから人気ないと

学校って息苦しいんですよね…

子供は保護者の言葉に敏感ですから、

保護者とうまくやることは、結局子供と上手くやっていく上では

何よりも大切なことなのです。



そんなこんなで今日もまた

一軒家庭訪問日程は変更です(*^_^*)/

ダイジョウブ!!

もずく先生、

18時マデ、枠伸バシマスヨ…(気絶三度目)






スポンサーサイト

家庭訪問がやってくる!

こんにちは。

ようやくゴールデンウィークを迎えたものの、

家で生徒の作文添削してるもずくです。

読めば読むほど、

自律神経やられる代物です。

やっぱ、これは持って帰るべき宿題じゃなかった…



さて、今年も1年生に留年したもずくは、

去年やった仕事を

もう一度繰り返す日々が続いております。

「去年やったんだから、手順は解ってるんだろ!?」

というツッコミはその通りでございます。

ていうかむしろ、

その面倒くささ

を、身体が覚えているから始末が悪い。

順当に3年に1回繰り返す分には、

ありがたいことに、

3年前のことはきれいさっぱり忘れているため、

どんな困難にも、

比較的無防備に取り組めるという

良さがあります。

なまじっか、去年のこと繰り返すというイレギュラーを挟んだが故に

自律神経に支障を来すという…



さて、現在進行形で取り組んでいる大仕事は、

「家庭訪問」

みなさんも、ご経験がおありでしょう?

生徒としても、あるいは保護者としても、

味わったことあるんじゃないでしょうか?

本校は大規模校であるため、ありがたいことに3年に一度、

1年生でしか実施されません。

学校の規模や実態によっては、これを毎年やってるところもあるらしい。

絶対、赴任したくはありません。

だって、家庭訪問ってめっちゃ面倒くさいんだもん!!!



家庭訪問は、約一ヶ月前くらいから準備を始めます。

小学校なら、学区も比較的狭く、回りやすいという利点があるため、

そんなに時間をかけないのかもしれませんが、

中学校は学区が広く、周回に工夫が必要なため、

ひと月前には各家庭の希望を募り、

予定を立てます。

本校では3つの小学校にまたがって学区が広がっているため、

○日から○日まではA小学校区を回る日、△日から△日まではB小学校…のように

あらかじめ、周回月日が決められています。

保護者様向けの文書にも、そのように記載され

特に別学区の日にちを指定されることがないよう

との但し書きが、黒い太文字で書かれています。



ところが。

家庭訪問の日程を組んで、各家庭に配るやいなや

電話、お手紙、メモ、子供の口を通して、

出るわ出るわ、変更のお願い!!

空いているコマに

替えてください

って、そこ、A小学校区の日にちでしょ~~!!ってとこに

無理矢理入りたがるB小学校区の保護者!!

ほんと、止めてほしい。

どう考えても、A小の生徒とA小の生徒の間の空きゴマに、B小の家に行くの、

無理ですから…

なんで、そんな無理が通ると思うのか不思議です。

電話をかけて、その旨を説明すると

「あ、うちは少しくらい遅れてもらっても大丈夫ですから…」


あ、あのね、お母さん…

あなたは良くても、その後のたくさんのご家庭は

良クハナインジャナイデスカ…?(気絶)



また、非常に多いのが、

「一番最後でお願いします」

この一文です。

たった6日しか設定されていない家庭訪問日なのに、

一番最後を希望する家が10件もあっちゃ

組めません。

結局、16時~16時20分のコマが最終コマでは到底回らず、

17時~17時20分のコマまで設けざるを得ない状況。

勤務終了時刻は16時45分だってこと、

ご存じですかね、お母様方…



ここで一つ、言っておきたいのは

家庭訪問の日程変更する親は要注意

ってこと。

家庭訪問日って、決してこちらが問答無用で組んだわけじゃなく

ある程度の希望は聞いてあげた上で組んでるわけですから

合わせる義務は保護者の側にあると思うんです。

平気で、移動のために空けてある空きゴマに割って入ろうとする親は

最初から要注意です。

残念ながら、

その予想は当たることが多く、

子供の方も、

いろんな意味で手のかかる子であることが多いと言うのが

中学校の現実です。

当たり前の常識を持ち合わせた母親なら、

家庭訪問の日程の方を最優先

します。

それが出来ない時点で

ある意味、

要注意

なんですね。




でもまあ、考えようによっては、

変えてくれって言われる方が

まだましかもしれない。

例年、必ずあるのが

行っても家に誰もいない


というトラブル。


家の前で待ちぼうけ食らわされた上に

出直しを余儀なくさせられるくらいなら

まだ、変更のお願いされる方が

マシかな…



今年も、家庭訪問がやってきます…(気絶再び)









新入生が入ってきました。

こんにちは。

最近、ひと月に一度程度更新があたりまえになっちゃったもずくです。

4月は激動の一ヶ月です。

教員って、年がら年中忙しいんですけど、

3月4月の忙しさは、殺人的です。

なんで、死者が出ないんだろう…

素朴に疑問だけど、

きっとみんな

自分だけは死にたくない

って、思ってるからなんだろうな…



さて、新年度が明け、

2年生になるはずだったもずくは

残念ながらもう一度1年生を担当することになってしまいました。

カリキュラムの関係と、教員配置数の微妙な駆け引きの結果、

動かしやすいコマの一人として

学年団を離れることとなりました(泣)

ここまで育ててきた生徒と離れてしまうのも、

ここまで苦楽をともにした学年教員とも

別れるのは辛いものですが、

そうと決まったら仕方ありません。

もう一度、あの、

ぐっちゃぐちゃな二週間

を味わうほかなさそうです。

2年生に進級していった

2年生の教員集団は言います。

もう二度と、あの苦痛を味わいたくない、と…

私を残して、ちゃっかりと進級しておきながら。

それくらい、1年生の学級開きって、大変なんです。いや、マジもう、ホントに。

二週間が経って、

ようやくもずくも正気を取り戻しましたが

振り返っても、やや記憶の曖昧な部分が多数。

連日九時まで学校に残り、

土日を全部献上しても、

未だに仕事は積み残しだらけ。

はあ…すんません、愚痴ってばかりで。



何が大変って、

中1が入学してくると、つくづく思うのが

「小学校と中学校では、常識が違う」

てこと。

中学校では、自分のことは基本自分で出来るのが当たり前なんですが

小学校では、先生とともに解決するのが常識なんですね。

だから、例えは、

忘れ物をしたら、先生に言うのが小学生の常識。

先生が代わりのものを準備してくれるのが小学生の常識。

ところが中学校では

忘れ物をしたら、どこかで調達してくるのが中学生の常識。

先生に出来るだけバレないように、こっそり親に電話するなり隣のクラスから借りてくるなり、とにもかくにも帳尻を合わせるのが中学生の常識。

いや、決してそれを推奨してるわけではないんですが…(汗;)

それが当たり前の世界で長年仕事していると、

新入生が、授業開始直前にわらわらと座席を立って

こちらに向けて猛突進してくる姿に

マジひるむ。

口々に

「先生、教科書忘れました」
「ノート忘れました」
「二百字帳って何ですか?」
「ワークって何ですか????」
「教科書ってこれですか?」
「赤ペン持ってません」
「消しゴムなくしました」
「プリント破れました」

などなど言い始めると、ほんと、腹立っちゃう(笑)

そんなこと、自分でなんとかせいや!!

と思うのは、どうやら、小学生上がりの生徒達には通用しないわけで。

一つ一つに応えてたら、

本当は先生に聞きたかったけど、訊きに来れなかった生徒達


を刺激して、余計突進人数が増えちゃうので、

「座れ。」

以上。


中学生らしく、ちょっと小賢しい処世術を身につけるまでは

まだまだかかりそうです。







春休みの過ごし方

こんにちは。

ようやく一年が終了し、今一番心が解放されているもずくです。

春休みって、まあ、「休み」という名前は付いているけど、実はけっこう忙しいんですよ。

今回は中学校の教員の「春休みの実態」についてレポします。



今年で言えば、当地での学校終了日は3月23日金曜日。

土日を挟んで26日月曜日~30日金曜日までが、年度末の、一番ゆっくりできるひとときです。

じゃあ、先生達は職員室でまったりコーヒーでも飲んでるんだろうって??

う~ん、半分正解!!

実際は、コーヒー飲みながら、ウンウンうなりつつ、

「指導要録」

という生徒記録を書いています。

これ、ホント、苦手な人は苦手なんですよね。

もずくは幸いなことに書くことに不自由を感じない質なので、つらつらと嘘の百万通りも出てくるのですが。

理系の先生方、文章より数字と付き合って生きてきた、みたいな先生方にとっては

マジ地獄らしいです。

生徒一人一人の学習面・生活面・学校での活動記録・成長した部分についての特記・総合的学習の記録などなどを

文章で表記していきます。

これがね~まあ、春休みの一番の大仕事でしょうか。


それ以外にも、1年間使った教室の整備…これは、自分の荷物の整理整頓次の教室へのお引っ越しプラス生徒机や教室備品の整備も含みます。

私、大工仕事なんて、人生で一度もやったことないですけど、机の天板だけは一人で替えられますから。


来年度のクラス編成…これはまあ、ほとんど出来てるんですけど、最後の調整はこの時期に。


3年生を卒業させた学年団なら、高校の先生方との面談(向こうも、生徒の実態を知りたいのです。こちらが受験のために用意した調査書には本当のことは一文字も書いてありませんから)や、入ってくる1年生の出身小学校との面談(これも、入ってくる子の実態が知りたいから)。


部活では、3年生との最後のお別れになる引退試合が行われる時期です。どの部活も、譲り合いながら体育館を押さえて、引退合の真っ盛りですね。


さらには、来年度の授業準備も、学年が解っていればしておきたいところ。なにしろ、4月が開けたら、地獄なんですよ。

12月のこと、「師走」っていいますけど、それ、違います。教員が一番忙しいのは、間違いなく4月です。

転勤する先生方は、3月のうちにいろんなことを済ませておかないといけませんから、ますます大変です。

年度末は、印鑑押す業務が多いので、押しミスったら、大変です。

以前、「林」先生が印鑑押さずに異動しちゃったときは、同じ職場の別の「林」先生の印鑑で対処しました。

別の職場で「田中」先生が印鑑押さずに異動しちゃったときは、百均で田中の印鑑買いました。

でも、ちょっと珍しい名前の先生だと、ほんと印鑑ミスって困っちゃう。

だから「教務」という、書類系を司る校務分掌の先生が印鑑を預かっておくこともあります。

部活動の大会の時にでも返すわ…的な感じで。

不用心ですね(笑)



それから、これまで溜まりに溜まった文書類を再生紙回収に出す。

これがね~思った以上にめんどくさい!!

文書の合間に一枚でも個人情報に関するものがあったら、アウトですから。

一枚一枚丁寧に全部めくって、名前の書かれているものはないか、個人の特定に至るものはないか、確認しながら捨てる。

文書自体は問題のないものでも、ちょっとした走り書きで保護者の名前と電話番号が書いてあったりすると、マジ震える。

学校は未だにB5とB4の世界です。ほんと、古いですよね。

これを再生紙ゴミにするだけで、けっこう半日仕事ですわ。

あ~めんどくさい。

そんなこんなで、今日も一日暮れていきました。



3月は残り3日間(水・木・金)。

ちょっとくらい、のんびりしたいな~





1年間を浄化する方法。

こんにちは。

砂漠ブログ化してはや2ヶ月、

ようやく重い腰を上げて更新する気になったものの…

何から書いて良いものか…

しかもとてつもなく

タイピング遅くなってるんですけど!?



それはさておき、

1年間が終了しました。

辛かった…

今年は例年になく辛い1年となりました。

時代が変わったのか

子供が変わったのか

はたまた自分が歳をとったのか…

あるいはそのどれもが相乗効果を生み出しているのかもしれませんが。



1年間、一つのクラスを担任していると

いろんなことがあるものです。

体感で言うと

辛いこと30%、腹立つこと30%、苦しいこと30%。

そして、悲しいこと5%に諦めること5%。

あれ?100%になっちゃった。

そう、それくらい、辛い辛い1年間を過ごしました。


やはり、50の坂を越え、子供との年齢的な距離がぐっと広がってしまったのが原因かもしれません。

生徒から見れば、もはやおばあちゃん的な存在かも。

自分の心の中は

20歳の時となんら変わってないのに。


さて、そんな辛い辛い1年間を浄化する

とっておきの方法があります。

毎年、これで

精神の安寧を図っていると言っても過言ではない。

それは、

1年間のムービー作成

こつこつと写真を撮りためていると、

クソ腹の立つ奴も

クソ意地の悪い奴も

だいたい良い顔しているショットがあるもんです。

そういう写真を繋いで繋いで編集して

今、自分が一番胸熱な音楽に乗せて

ムービー作成!!


結構時間がかかるけど

これを最後の学活で流せば

どんなクソクラスでも

みんな笑顔になれる。

だって、いい顔ばっか繋いだムービーなんだもん。



終わりよければ全てよし。

毎年、成績処理に追われながらも、

土日の大半を費やして

相当手の込んだムービーを作る価値は

決して生徒のためではなく

自分の心の浄化

ただひたすらに、このためだけにある。



今年も

手の込んだ思い出ムービーを流して生徒を号泣させ、

自分自身は、1ミリリットルの涙も流さずに

1年終了しました。



お疲れ様、自分…



毎年、魂の浄化のため

どんどんムービーが

テクニカルになっていきます。



残り10回となりましたが、

来年の3月に向け

また4月から写真を撮りためる1年間の始まりです。



やれやれ…

病院のお世話にならずに

教員続けるのも

楽じゃないんですよ、皆さん。







プロフィール

もずくねえさん

Author:もずくねえさん
地方の中学校で教師をしています。平生は決して表にさらすことのない、本音の熱い部分を、お届けします。(真面目バーション)

要するに、普段、柄でもない先生ヅラしているせいでたまりにたまってるストレスの解消のため、精神の安寧のため、ここに好きなこと書かせてください的な。(本音)

あ~、清少納言の気持ち、わかるわ~納言ちゃんもたまってたんだろうな~

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。