フェリシモという、摩訶不思議な会社の、大名商売。~その③~

フェリシモという、摩訶不思議な通販会社で、ロングコートを買ったら、

ひと月待たせたあげくに、「お届けできません」と言われた話。
(是非、リンクから読んでね!)

フェリシモという、摩訶不思議な会社の、大名商売。~その①~
フェリシモという、摩訶不思議な会社の、大名商売。~その②~


メールを目にした途端、久しぶりに、腹の底から怒りが噴出したもずく。

ここまで、わたしに落ち度があったか?

NO.

早く送れとか、待ちたくないとか、駄々をこねたか?

NO.

時間がかかるから、キャンセルしますとか、言ったか?

NO.

なのに何故、ここまで完璧に待たせておいて、

諸般の事情により
商品のご準備ができず、お届けすることができませんでした。


とか言う??

本当に、本気で怒りが収まらないもずく。

メールを返信してやろうにも、

※このeメールに直接返信いただいてもお答えできません。

とか、なめとんか、わりゃ~~!!



文句があれば上記のアドレス宛にどうぞ表記があったので、そこから返信しようと思ったら(ちなみに、20年来のお付き合いで、いろいろ腹の立つことはあったけど、問い合わせのメール送信は初めて)

めっちゃわかりにくい!!!


顧客情報を全部打たせた上に、

問い合わせ内容によって10くらいの選択肢の中から

送信先を選択させる方式。

ぱっと見、自分の怒りの矛先がどこだか解りゃしない。

勢いに任せて、「その他のご相談」とやらを選択。

なんでもいいわ、私の怒りのメールを読んでも、既読スルー決め込むつもりなら

ブログに書いてやる!!!

…何の脅しにもなってないのが悲しい。


自分が送信したメールは、どこにも残らない方式になっているらしく、こんなことなら手元にコピーして残しておけば良かったのだが、残念ながら本物はない。

だがとにかく、言いたいことをすべて書いたことには間違いない。

①正規の手順を踏んで、サイトから買い物をしたこと。
②「注文状況」から、ずっと注意深く荷物の行方を見張っていたこと。
③荷物が来ないことをうかがわせるメッセージが一切無かったこと。
④とても怒っていること。
⑤なんでこんなことになったのか、説明しろ。てめえの会社の企業理念はなんじゃい?
⑥メールの返信がまだるっこしいんなら遠慮無く電話かけてきやがれ。
⑦こっちは言いたいこと山ほどあるんじゃ。

この7点に絞って、あくまでも丁重に、(でも最後の方は結構怒ってしまった…)メールを送信。

問い合わせフォームには、

「メールの返信には時間がかかります」

と書いてあったので、フェリシモ大名様からの返信を気長に待つつもりでいたら

なんと電話かかってきたl!!

おう、珍しい!何をやらせても、しこたま時間がかかるのに、

この手のクレームには、そこそこ対応が早いではないか。


開口一番、向こうはにこやかに言った。

「このたびは、ご迷惑をおかけして、大変申し訳ございません。」

電話対応をしているのは、どうやらフェリシモコンシェルジュとかいう、よくわからない窓口のお姉さんである。

いや、コンシェルジュって言葉は知ってるよ?

知ってるけどさ、お客様クレームセンターで、良いじゃん。実態はそうなんだからさ。

…話は戻る。

つらつらと出てきた枕詞にいきなり怒りマックスのもずく。

「ちょっと待って。ご迷惑をかけられたことに怒ってるんじゃない。ご迷惑(この場合、商品を準備できなかったこと)は致し方なかったかもしれないけど、その後の顧客をないがしろにする対応に不快な思いをしていることに怒ってるんです。」

こちらの口調と論法に、ちょっと改まるコンシェルジュ。

次の一手がこれ。

「それでですね、このたびは、ご不快な思いをさせてしまったと言うことで、こちらでなんとか1点だけ、商品をご準備させて頂きましたので、それを送らせて頂くと言うことで…」



ちが~~~~う!!!

違う、違う、違う!!

それで済む話なんじゃない!!

こっちは怒ってるんだ。

きちんと手順を踏んで、

そっちが要求する方法で発注をかけ、

そっちが要求する分だけ待ち、

そっちが要求する方法で金を払った!

それなのに、まるでイタチの最後っ屁のように

発送確認メールで

「やっぱ、商品ない。すまん。」


と言える会社の企業理念を説明せいと言っとるんじゃ!!!!

こちらの質問に、はあ、はあ、というお姉さん。

次の一手はこれ。

「申し訳ありません、今回のご注文は、特便でございましたので…」


はあ!?

ちょっと待て。

特便というシステムは、

もずくが無理矢理頼んだシステムか!?

違・う・だ・ろ~~~~~~!?

自分たちが編み出したシステムの脆弱さを、コンシェルジュが口走るんじゃねえよ!!



…と言うことも散々言わせて頂きました。

クレームには慣れているはずの部署からお電話を頂戴したにもかかわらず、

お姉さんは(ここではお姉さんとかいているけど、正直、だいぶん年配の方)、企業理念を一度も説明されないまま、

「しょ、商品をご用意いたしました」

を、繰り返していらっしゃいました…

あきれてものが言えないとはこの事。

その商品も、きっと誰かの元に送られるはずだったモノが、こちらに回されてくることになっただけで…

どこかで誰かが、私の代わりに嫌な思いをさせられているだけってコトでしょうよ…



いろいろと、納得のいかない今回のフェリシモとのやりとり。

今後、この会社がどこに向かってどう成長していくつもりなのか

注意深く見守って行きたいと思います。



また大名商売したら、電話かけたるからな。

(商品は、ありがたく頂戴いたしました。定価で。)








スポンサーサイト

フェリシモという、摩訶不思議な会社の、大名商売。~その②~

前回からの続きです。

フェリシモという、摩訶不思議な会社の、大名商売。~その①~

最近になって導入された、特便と言うシステムを使って発注した、ロングコートの話。



11月19日に発注をかけると、

会員様メニューというページから

購入履歴や注文状況を確認することが出来るようになります。

なにしろ、一本の発注から到着までが長丁場ですから、

逐一サイト内の会員ページで、現在の状況を確認しておかないと、

いつ来るのか、何を頼んだのかさえ、解らなくなってしまいます。



特便で頼んだロングコートは、しばらくの間、

「品揃え準備中」

という案内がされておりましたが、

12月7日頃、

「お届け準備中。発送まで数日お待ちください」


というアナウンスに、変わりました。

ずいぶん待たされましたが、フェリシモという会社は、そういうスタンスで商売しているんですから気にもなりません。

12月19日に

「発送しました」

という案内に切り替わったので、ようやく到着間近です。

ひと月待たせると言うことは計画生産と言うことなんでしょう。

生き馬の目を抜く通販業界、いまや発注の翌日には手元に届くことも当たり前のご時世。

よくもまあ、こんな悠長に待たせるのう…

感慨深いが、まあいいや。もうすぐ来るってコトで、ようやくメールチェック。

発送が済んだら、登録したメールアドレスあてに、どの運送会社を使っていつ頃着きますというお知らせメールが届きます。

ワクワクしながらメールボックスを開くと、来てる来てる♪お知らせメール♪

開封…(以下、メール全文をコピペ)



いつもフェリシモをご愛顧いただきまことにありがとうございます。
 
せっかくお申し込みいただいたにも関わらず諸般の事情により
商品のご準備ができず、お届けすることができませんでした。
そのため、明細書などお知らせのみを発送させていただきました。
商品の到着を楽しみにお待ちいただいておりましたのに、本当に申し
訳ございませんでした。
また、ご連絡が遅くなりましたことを、重ねてお詫びいたします。






おい、ちょっと待てよぅ!!!
(往年のキムタク風に読んでください)

                    
               続く。

フェリシモという、摩訶不思議な会社の、大名商売。~その①~

こんにちは。

またもやお久しぶりのもずくです。

最近、すごく腹の立つことがあったので

つい、書きたくなってしまいました。

これは、私が、20年来お付き合いしている、

フェリシモ

という、摩訶不思議な通販会社とのやりとりを記した

一部始終でございます。

20年来のお付き合いと書きましたが、もずくは決して

この会社でのお買い物を、推奨するつもりはありません。

とにかく、この会社が、

時代に合わないスタイルで商売するので、

すんごく怒っている、と言う話。

20年来の顧客をどんな風に足蹴にするのか

是非とも皆さんにお知りおき頂きたいと、

前置きは長くなりましたが、訴えたい次第でございます。


事の発端は、11月19日にこの会社にロングコートを発注したこと。

この会社の商売は変わっていて、ほしいなと思うデザインを見つけて発注をかけると、

約1ヶ月後に送られて来るという仕組み。

…え!?1ヶ月後!?

そう、1ヶ月後。

しかも、ほしいなと思った商品が必ずしも送られてくるのではない、と言う仕組み。

…え!?欲しいものが来るわけではない!?

そう、何が来るかは、運次第。

こう書いているだけで、やっぱ変だよフェリシモ。

でもね、最近はずいぶんと良くなったんです、これでも。

カタログに、例えばトップスなら、だいたい3~4種類くらい、「こんな感じですよ~」って雰囲気のサンプルが載っていて

その中のどれかが来ることが多くなりましたから。

以前は、「こんな感じ」と言いながら、

「なんじゃこりゃ~~~~!?」

な逸品を楽しむのが、フェリシモの醍醐味でした。

フェリシモとのお付き合いを楽しむ極意、それは

返品をいとわない。

これに尽きると思います。

そんな面倒くさい会社なのに何故付き合うのか!?って問題もありますけど…

まあね、割とデザインが好きだったり、結構攻めてるディテールとか…良いところもいっぱいあるんですよ。

世の中がカタログ中心だった通販時代には、周りの通販会社とは、完全に一線を画す大名商売を実践しておられましたが、

昨今のインターネット通販全盛を受けて、さすがにお大名様もこのままでは時代に取り残されると感じたのでしょう、

最近では以前のようなシークレット通販も少なくなり、

ジャストワン

という、

必ずこれが来ます、という販売形態が多くなりました。

…ていうか、それが本来のモノの売り方だと思うのですが…

まあね、フェリシモという会社は、そういう福袋的な、プレゼント的な、ご褒美的な販売形態で

伸びてきた会社ですから。

われわれユーザーも、そこんところを楽しんでいる訳ですし。

ただし、ジャストワンが多くなっても、いまだに、

ひと月に一度しか買わせない

と言うスタイルは健在です。それ以上の買い物は許してくれません。

辛いですよね…ホント…好きなときに好きなモノを着たい…

ていうか、ひと月待つうちに、旬の時期を逃しちゃう…てことも、

フェリシモ大名様と付き合う中では、良くあること。

まあね、それも良いんです。こっちは想定内ですから。

でもね、フェリシモ大名様も最近はいろいろと思うところがあるのでしょう、

ひと月に一度では待ちきれないユーザーのために、

特便

というシステムを導入なさいました。

これは、ひと月待たなくても、追加注文受け付けるよ~~!と言うシステム。

ただし、その後ひと月待ってもらうけどね

てことは、どこにも書かれてないのですが。

長くなりましたが、くだんのロングコートは、この、特便を用いて注文したモノなんでございます。


            続く。


気になるCMがある。

こんにちは。

最近、こんなCM、あるじゃないですか。



このコマーシャル見ると、すんごく複雑な気持ちになるんですよ。

缶コーヒーのBOSSのCM。

私自身は、缶コーヒーは飲みませんから、普段なら華麗にスルーのはずなんですが。

どうも気になる。

10年後には、今ある仕事の約半分くらいはなくなると言われていますね。

BOSSのCM見ても、すでにその波は押し寄せているらしく、働き方がどんどん変わっていく様子に、ついて行けない自分がいる。

それって、私がおばさんなせいなのか…グローバルマインドの欠如によるものなのか…それとも、「学校」なんて場所で働いているせいなのか。

なんだかよくわかんないんですが、少なくとも、このCMで謳われているような働き方は、絶対に絶対に、学校には訪れないと思う。



これを読んでくださっている方。みなさん中学校を卒業しているはずですよね。

自分たちの中学校の頃…覚えていますか?

その頃の中学と現代の中学。

何が違うと思いますか?






答え。

何も違わない。

もうね~~~~、これに尽きますよ。

あたしゃ感心します。

私が中学生だった三十数年前と、現在の中学校の三年間の流れや行事。

な~んも変わらない。

入学式があって、新入生歓迎会があって、生徒会紹介があって、野外活動があって、定期テストがあって、懇談会があって、体育祭があって、文化祭や合唱祭があって、生徒会役員選挙があって、修学旅行があって、入試があって、そして卒業式がある。

ちょこちょこリニューアルされたり、無くなった行事や代わりに入った行事なんてぇのもないわけじゃないんですけど、基本、変わらない。

学習内容については、学習指導要領の改訂の度に変化しますし、それに伴って教科書の内容も変わりはします。

しかし、根本的に、教える人間が変わらない限り、そんなに変わりゃしません。

どれだけ指導要領が変わろうとも、それを扱う教師の方が、

新学習指導要領非対応

の場合が多いですからね。

今、学校では、平成33年度から導入される新学習指導要領を見据えて、「アクティブラーニング」という言葉が現場のキーワードになってきています。

アクティブラーニング?

なんだそれ?

人というものは、誰かから受動的に教えられるよりも、自ら能動的に探求した課題の方がより深く強く学習することが出来るという。

いやいや、そりゃそうだろ?

何で今更?的なことを、「あくてぃぶらーにんぐ」という言葉に変えて、現場に持ち込む。

誰だ、指導要領考えてる奴は。

いつも思う。

その、課題探求・解決型の自発的で能動的な学習が良いに越したことないのは誰だって解ってる。

でもね。

そこに至るまでに必要な基本的な学力が、今の子供には決定的に欠けていると言う事実。

これについてはなぜ、学習指導要領には書いてないのだろうか?

現場では、日々、中学生になったにもかかわらず、小四で習った漢字すら怪しい人たちに、漢字の書き取り練習をさせている。

現場では、日々、中学生になったにもかかわらず、かけ算の怪しい人たちに、割り算の意味を教えている。

アクティブもクソもないわけですよ。

だから、中学校は、今も昔も変わらない。

ハードの部分もソフトの部分も、そんなにすぐには変われないわけです。

むしろ、変わったと言えるのは、まるで変わらないハード(校舎)やソフト(行事や学習方法)で学ぶ、子供の方です。

子供は変わった。確実に。

昔より、格段に個人主義的になり、集団に価値を見いださない。

休み時間になるとさっさと気の合う友人のところに行ってしまい、自分のクラスの生徒とは、言葉すら交わさない子供が多い。

班を組んでも、昼食時間に話すわけでもなく、班討議が盛り上がるわけでもない。

そんな乾いた人間関係で、これといって不便を感じない子供が増えた。



………あれ?


そっか…冒頭で紹介したBOSSのCM。

自分のテリトリーを守って、個別に仕事を進めるこれからの働き方のスタイル。


今の子供に、ぴったりやんけ…


やはり時代は、確実に前に進んでいるらしいです。。。。




生活をちょっと快適にするもの。

こんにちは。

仕事していると、明日、何着ていこう…ってこと、ありますよね。

一度、家から出たら、着替えに戻るわけにもいかないわけですから、朝のワードローブ選択には頭を悩ませます。

学校というところは、暑かったり寒かったりで、普通のオフィスのような快適さはとうてい望めません。

最近ではクーラーがあるにはありますが、生徒は案外、クーラーが嫌いです。

授業中、教員はぶんぶん腕を振り回して、大立ち回りしていますから、暑いんですよ。

でも、生徒はそれを静観していますから、寒いんです。

子供の座っている高さには結構冷気が溜まり、教員が立っている教室の端っこは暑い。

扇風機は、あるにはあるんですが、空気の攪拌のために回すと、冷気の直接当たる生徒は、ますます寒がるという悪循環。

だから、結局、「外の風がいい」という生徒の声に従って、夏でもクーラーなしってこと、結構あるんですね。



それ以上に辛いのが、冬の寒さ。

教室にはエアコンがありますが、エアコンの位置、お判りですか?

そう、教室の頭上です。

そこから、もわ~っとあったかい空気が吹き出してくるんです。

確かに、近年のエアコンは、なかなか優秀で、あったかい空気をしっかり吐き出してくれるんですよ。

しかし、それが頭を直撃しますから、生徒が気持ち悪がる。



しかも、今度は座っている生徒の位置までなかなか暖かい空気が降りてこず、頭はぼ~っとするほど暑いのに、足は冷え冷えという温度差が生じます。

教員は立っているから暑い。

生徒は座っているから、寒い。

で、結局、温度上げて、扇風機で空気攪拌して、なんとかしのいでる状態。



さらに辛いのは、冬の体育館です。

冬は結構、体育館行事が多いんですよ。

例えば、卒業式。

例えば、職業講話。

例えば、演劇鑑賞会。

例えば、生徒会役員選挙。

その度に、長い時間体育館で過ごします。

卒業式なんざ、当該学年の場合は、めちゃくちゃ練習しますからね。一日の大半は体育館で、呼名したり証書受け渡しの練習したりしてますから。



しかも、いくら寒くても、一日中エアコンを作動させられるわけじゃないんです。エアコンを付けられるのは、午前中の4時間だけ。

昼からは日が差せば暖かいだろうという予測の元に、消すことを義務づけられてるんです!!

そりゃないだろう…と言う日もありますが、何しろ、学校には予算がありません。

光熱費は、学校の予算内から捻出されていますから、これを圧縮しないと、他のものに影響が出ます。だから、結構シビアなんですね。

…前置きが長くなりましたが。

とにかく朝の洋服選びに時間がかかる。

だから前日の夜のうちにちゃんと準備しておきたい。

でも、ハンガーに掛けただけじゃあ、朝着てみて、あれ?バランス悪くない???ってこと、しょっちゅうありますよね。

そうなってからもう一度考え直すの、悲劇です。

時間も無いし、いらいらするし。

だから、前日、ちゃんと着てみる。

めんどくさい。

いちいち、着るの、めんどくさい。

…とうことで、ようやく、タイトルと結びつくのですが。

これ、買っちゃいました♡

トルソー

どうですか?

トルソー!!

この子に着てもらえば、わざわざ私が着る必要ないし!!



ちょっとね…この子、スタイル良すぎて、私が着るとイメージ違うんですが…

今のところ、なかなか役に立ってます(o‘∀‘o)*:◦♪



























プロフィール

もずくねえさん

Author:もずくねえさん
地方の中学校で教師をしています。平生は決して表にさらすことのない、本音の熱い部分を、お届けします。(真面目バーション)

要するに、普段、柄でもない先生ヅラしているせいでたまりにたまってるストレスの解消のため、精神の安寧のため、ここに好きなこと書かせてください的な。(本音)

あ~、清少納言の気持ち、わかるわ~納言ちゃんもたまってたんだろうな~

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR